投稿者「hxdcydk2」のアーカイブ

猫が慰めに来てくれた

「駐車場に座り妹を待つ」 中学生のころ、妹の外で遊んでいました。妹が夕飯を食べに家に帰ったので、わたしは外で待っていたんです。

今になって思えば、わたしも一緒に帰れば良かったですよね。なんで外で待っていたのでしょうか。勝手に自分のぶんの食事は無いと思い込んでいたんです。

虐待されていたわけじゃありませんよ。母は人数分の食事をちゃんと用意してくれていました。

夕方で静かな時間でした。近所から晩ごはんの香りがしてくるんですよ。お腹がすいたな。駐車場にある車止めに座って、妹が戻ってくるのを待ちました。

「近所でも有名な野良猫」 すると1匹の猫が現れたんです。妹から話は聞いていました。このあたりにノラネコが現れて、子ども達のあいだでは噂になっている、と。

まさか、本当に会えるとは思っていませんでした。しばらく猫と見つめ合います。こちらを伺うように、ソロリソロリと近づいてきました。

ずいぶん人懐っこいな。 そのまま膝の上へ。なにかを訴えかけるように、わたしを見つめます。これは撫でろということなのでしょうか。

おそるおそる撫でてみました。のどをゴロゴロ鳴らしてくれたので、どうやら正解だったようです。猫の反応を見ながら、撫で続けていました。

「飼ってやれない悔しさ」 ノラネコにしては毛並みが美しく、もしかして飼い猫が逃げたのでは。ですが、中学生のわたしにはどうする事もできません。

家はアパートですから、面倒を見ることも不可能です。そもそもペットを飼う余裕もありません。

ごめんね、飼えないよ。 言葉が通じるかはわかりません。でも、気づいたら謝っていました。わたしが大人だったら飼えたのかも知れない。

悔しくて仕方ありませんでした。やがて妹が戻ってきました。それと同時に猫は消えてしまいました。まるで寂しいわたしの話相手になってくれていたように。

それから、その猫には会っていません。美しい猫だったから飼い主が見つかったのでしょうか。

猫が幸せならソレが一番ですが、もっと撫でていたかったというのも本音です。ぬいぐるみとは違うズッシリした感触も、抱きしめたときの体温も、ちゃんと生きているんだと感じさせてくれました。

ゲームしか愛せない女の子たち

レストランで食事をしていてふと思った出来事があります。

隣の席に座っていたカップルなのですが食事中一言も会話をしていません。唯一彼等が発声した声は店員さんにメニューを伝える時だけでした。

その二人は一緒にいるにも拘わらずずっとスマホをいじり続けているのです。そう言えばこんなタイプのカップルを他にも見たなと思い出しました。

友人に話すとそう言うのは珍しく無いようです。目の前にちゃんとした人間がいるのに現代の電子機器ばかり操る若者達。

だったら、家で一人でスマホでもパソコンでもいじっていればいいじゃないかと思ってしまいますが…。ゲーム実況をするときの機材について

何のため他の誰かと貴重な時間を費やして会うのだろう?人とのコミュニケーションが失われていく中で驚くのは三次元の人間を愛せないと言う現代の若者達だ。

先日偶然後輩の女の子に会ったのだが彼女もその一人であった。「聞いてください、私、好きな人ができたんです」って言う物だから話を聞こうと一緒に食事をしたのだが、彼女から語られた好きな相手とはバーチャルゲームのキャラクター。

つまり二次元のキャラクターだったのだ。二次元に全く興味の無い私には何て言っていいか分からない話になってしまった。

聞いていると彼女の他にもそんな子達がいると言う事実に驚かされた。二次元のキャラクターに本気で恋心を抱くなんて理解に苦しむ。

だが彼女達は本気で恋をしているのだ。いや、女性だけでなく男性にもそのような人はいる。触れられない相手を好きになる気持ちはアイドルを思う気持ちと一緒なのだろうか?

著美月里亜「現実世界がイヤすぎて、親子で二次元に行ってみた」と言うラノベの中の主人公のようにいずれもしかしたら二次元に行けるかも?と思っている若者達もいるのだろうか?二次元への恋は理解できないが二次元へ行ける機会があるのなら話は別で私も行ってみたいと思った。

小学校時代は図書委員

「人は来るのに暇だった」 学生時代は図書委員でした。

貸し出しをするのですが、本当に暇で仕方なかったです。図書室に来る人は多いんですよ。でも、わざわざ借りていく子は少なかったです。

それはそうですよね。借りたら、次は返しに行かなくちゃならないんですから。 わたしもそうでした。本は大好きです。暇さえあれば、いつも本を読んでいました。

先生からは本も良いけど、外で遊びなさいと言われるほど。内心ほっといてくれ、と思いましたけどね。先生の気持ちもわかりますよ。外で遊ぶのも必要なことですから。

「借りるよりも買いたい」 めったに図書室で本は借りませんでした。だって返さないといけないから。気に入った本を手放すというのが、耐えられないんです。借りるぐらいだったら、お金を払うから買いたい。買って自分のものにしたい。そう思っていました

。借りるのは簡単だけど、返却するのって面倒なんですよね。 それこそ昇降口に返却ボックスでもつけてほしい。そこに本をポイッと入れたら、それで返却完了。

これぐらい簡単にしてくれたら、もっと図書室を利用する人も増えると思うのですが。本を返すためだけに、わざわざ図書室まで足を運ぶのが億劫なんですよね。

「本の整理整頓が楽しみ」 バラバラになった本を並べるのも図書委員の仕事です。本を読むのは良いけれど、もとあった場所に返してほしいですよね。

でも、バラバラになっちゃうのは仕方ないのかも。どこから本を取り出したかなんて覚えていないでしょうから。背表紙を見たら、わかるようにはなっているんですけどね。

読み方を知らない人からすれば、ちんぷんかんぷんでしょう。わたしも図書委員になってから、背表紙に書かれている記号の意味を知ったのですから。

そもそも背表紙なんて、わざわざ見ませんよね。本を並べ直す仕事は面倒だけど、無心になれて好きです。 パズルみたいな楽しさがあるんですよね。

キレイに並べ終わったあとは壮観ですよ。そして、3日も経たないうちに、またグシャグシャになります。それは並べたら済むのですが、本にラクガキをしたり、故意に破ったりするのは止めてほしいですね。

なかには買い直せない貴重な本もあるわけですから。

映画館に行った話

今年は映画館に2回行きました。

1回目は2月で「Fate/stay night Heaven’s Feel Ⅱ.lost butterfly」を観に行きました。3部作の2作目で衝撃シーンがたくさんあり盛り上がっていました。

完結編は来年とのことで楽しみでなりません。この映画は公開されてから暫くしてから観に行き、そうしたらネタバレ記事やツイートを見ることになったので完結編はできるだけ公開日に観に行くことに決めています。

そして次は3月で「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢」を観に行きました。人気ライトノベル原作のアニメでテレビアニメ2期目が決定とのことでその記念っぽい映画です。

感想としてはもう少しシナリオを練って欲しかったという物足りないものでしたが、ドラゴンに乗って何日も移動するというファンタジックなシチュエーションは大変良くて心に残っています。

映画館で見たのはこれだけなのですが、テレビで見たのだと「カメラを止めるな!」があります。話題の映画なのでどんなものかと気になっていたのですが誰も死なずにこれだけエキサイティングなストーリーにできるのかと大変感心させられました。

やっぱり話題になった映画は凄いなと思います。

そして最近テレビで見た映画は「ルパンVS複製人間」です。これは幼い頃に見た記憶があるのですがほとんど覚えておらず、ただおどろおどろしいイメージがあり見るかどうか迷いました

。それでも見ることにしたのですがイメージと違い大変エンターテインメントしていてとても面白かったです。

コミカルな面と不気味な面、そして壮大さを併せ持つ素晴らしい映画でこんな作品が昔にあったのかと感動させられました。

そして現在私が楽しみにしている作品は人気漫画原作の「ザ・ファブル」です。6月公開とのことで待ち遠しくてなりません。

就職活動は不安だらけ

「泣きながら職安に行く」 始めて就職活動をしたときのこと。

わたしは中卒で、わけあって引きこもっていたんです。原因は学生時代に体験したイジメ。外に出るのが怖くなって、ずっと家に居てました。

でも、成人を過ぎてから働かないとマズイなと。そこで職安に行ってみました。 職安に行くまで不安で仕方なくて、自転車をこぎながら泣いているんですよ。働きたい気持ちはあるんです。

でも、うまく仕事できなかったらどうしょう。仕事ができなくて怒られたらどうしょう。そもそも雇ってもらえなかったら。いろんなネガティブ要素が次々と浮かんで、頭がパンクしそうでした。

「自分の意見が言えない」 やっとの思いで職安にたどり着きました。担当の人が、どんな仕事が良いのか。給料はいくらぐらい欲しいのか。働ける時間は。

いろいろ訊いてくるけど、なにひとつ応えられませんでした。なんにも知らなかったんです。自分の希望を伝えるなんて、今までした事がなかったから伝え方がわからない。

担当の人がイライラしているのも伝わってきました。そうですよね。何をきいても、わからないとしか言わないのですから。本当に働く気があるのか。

そう思われても仕方ありません。働きたいけれど、どんな反応をすれば良いのかわからなかったんです。

「家で働くという選択肢」 なんとか面接にこぎつけましたが、履歴書の書き方すら知りませんでした。自分の長所なんて思いつかない。

悪いところはいくらでも見つかるんです。履歴書の9割が自分への悪口で埋まりました。文字も震えて、とても読めたものではありません。 面接も散々でした。

何を応えたかも覚えていません。頭が真っ白になって、体もカチンコチンになって。当然というべきでしょうか。結果は残念なものでした。

仕事をするのが大変だとは知っていました。

でも、就職するのも大変なんですよね。思い知りました。 いろんな会社に面接に行きましたが、自分には外で働くのは向いていないとわかりました

今では在宅で仕事をしています。収入は少ないですが、わたしには自分のペースで仕事ができるコチラのほうが合っています。自分の頑張りが収入になるのは嬉しいものですね。